診療所 クリニック 医院 ドクター 医者 開業 経営 支援 物件情報 診療所開業ナビ

第20回 「診療所開業支援研究会」のご報告

■概要
T.予定の確認と連絡事項
U.新規参加企業様のご紹介
V.外部講師の講演
「病院経営改革の実態 ―ケーススタディを中心に― (公立病院改革も含みます)」
本田病院経営研究所 本田正男 様

■開催日時: 平成20年6月11日(木) 18時00分〜20時30分
■開催場所: 神戸大学学友会大阪クラブ・大阪凌霜クラブ
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル11階
TEL   06-6345-1150  FAX   06-6345-1889

■報告
今回も40名近い方々のご参加を頂き、盛会になりました。参加希望社が多い場合には、人数を制限させていただく場合がございますので、あしからずご了承ください。
ヨーロッパの視察からお戻りになった本田正男様から、ヨーロッパのある病院では、「貧しい人」から優先的に診療を受けるというお話がありました。何か医療の原点を思い出すようなエピソードでした。

■新規参加企業様
株式会社スズケン様
総合メディプロ株式会社
株式会社リクルートドクターズキャリア
株式会社アクセスライフ

■プレゼンテーション
ヘルスケアセーフティガードマン研究所 高原 和男 様
株式会社ユーズ 友田 祐造 様
北浜医療総合経営 山本 典男 様

■講演内容
経営戦略とは環境変化に対応した生き残り策。
今までは、病院は入院患者を確保してベッドの稼働率を上げるために、ある程度の外来患者を診る必要があった。
しかし、現在では外来を減らして、連携している診療所からの紹介患者でベッドの稼働率を上げる方向に変わってきた。
病院では、外来診療を維持するためには医師をはじめとする人員の確保がたいへんだが、診療所なら、少ない人員でより多くの外来患者を診察することができる。
ある病院では、クリニックを併設して、外来を削った。
その結果、病院のドクターの負担も減り、収益も伸びた。
今までなら、勤務医が独立すると外来患者が減るということで、軋轢が生じたりしたが、今後は患者を紹介しあうことで、開業医と病院が協力していくことが重要になってきた
。 宇治の社会医療法人(財)岡本病院をケーススタディとしてご紹介していただきました。

■講師略歴
【経歴】
日本医業経営コンサルタント協会認定コンサルタント
日本病院会 病院経営管理者協議会認定事務長
社会医療法人 岡本病院(財団)監事
本田病院経営研究所 所長
を務めていらっしゃいます。
また、論文も多数執筆していらっしゃいます。
日本医業経営コンサルタント協会、クリニックマガジン、日本病院会、ドラッグマガジン、その他に寄稿されました。
コンサルティングの実績もたいへん豊富で、
・ 公的病院関連
・ 民間病院
・ ホスピス
・ 病院新築移転
・ 介護保険関連
・ 調剤薬局開設
などのコンサルティングをしてこられました。

開業支援のための異業種交流会「診療所開業支援研究会」開業支援のための異業種交流会「診療所開業支援研究会」開業支援のための異業種交流会「診療所開業支援研究会」開業支援のための異業種交流会「診療所開業支援研究会」

 

「診療所開業支援研究会」に関するお問い合わせ