診療所 クリニック 医院 ドクター 医者 開業 経営 支援 物件情報 診療所開業ナビ

プレスリリース

クリニックばんぶう 2008年2月号(株式会社日本医療企画発行)に、診療所開業支援研究会の会員である北浜医療総合経営代表の山本典男氏の記事が掲載されました。
同誌の特集「開業医よ、地域のヘルスケアリーダーとなれ!」の「PART1 識者に聞く」で「出前健康教室や婦人会の旅行同行など開業医は院外での活動を今後は展開すべき」という表題で3ページにわたって、山本典男氏の記事が掲載されました。
「今次診療報酬改定は、本体部分が8年ぶりのプラス改定となったが、診療所の再診料の引き下げが取りざたされるなど、診療所にとっては今回も厳しい改定内容が予想される。
今後、ますます競争が激しくなるなかで、生き残るにはどうすればよいのか―。
PART1では、医療経営コンサルタントとして関西方面を中心に豊富な実績を誇る北浜医療総合経営代表の山本典男氏に生き残り策の1つとして院外活動の必要性について論じていただいた。」
目次抜粋
「より厳しさを増す経営環境下で医療の質向上を」
「後期高齢者医療制度など新制度を追い風にする」
「開業医自ら積極的に外部に目を向けること」
「勇気を持って一歩を踏み出せ」
別表 「北浜医療総合経営が企画した医師も交えたイベント例」

北浜医療総合経営代表の山本典男氏の記事はこちら

同じく診療所開業支援研究会の会員である株式会社メディサイト代表取締役松村眞吾氏の記事が掲載されました。
同誌の同じ特集「開業医よ、地域のヘルスケアリーダーとなれ!」の「PART3 ヘルスケアリーダーの心得」で「地域の医療機関、介護事業所、中小企業、行政と顔見知り関係を築くことを心がけよ」と題して2ページにわたって松村眞吾氏の記事が掲載されました。
「PART1、2を通じて院外に飛び出す重要性を説明してきたが、そうした活動を通じて地域住民の健康管理を総合的に担っていく「ヘルスケアリーダー」役を務めるためには、何が重要になるのか。ここでは、医療経営コンサルタント兼診療所の事務長として現場を熟知している株式会社メディサイト代表取締役の松村眞吾氏に“ヘルスケアリーダー”が心得ておくべき要件について語っていただいた。」
目次抜粋
「地位や職種を超えた関係を築ける特徴を活かす」
「ピラミッド型より並列型“協働”関係を意識する」
「地域の有名人たれ!」
「患者とのコミュニケーションを充実させよ!」
「地域の医療機関と積極的に交流せよ」
「介護職との円滑な連携に努めよ」
「“ピラミッド型”よりも円の中心のイメージ」
「地域の中小企業の存在を忘れるな」
「行政との信頼関係を築け」

株式会社メディサイト代表取締役松村眞吾氏の記事はこちら
開業ナビに関するお問い合わせ